架空のCDジャケットイラストを描いてお仕事に繋げよう!

 

こんにちは。もちです。

CDジャケットイラストのお仕事を貰うためにイラストの練習をしたいけど、

  • どういうサイズで描いていいのかわからない。
  • 何を描いたらいいのかわからない。

という風な疑問が他にも沢山あると思います。

そんな時に私がおすすめするのが、

「架空のCDジャケットイラストを描いてみる」という方法です。

今回はそのやり方などをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

サイズについて

CDのジャケットサイズは120mm×120mm、

解像度は350dpiで制作することが多いと思います。

なので、練習するときはこのサイズで作成するのがいいと思います。 

 

 

描くために準備するもの

  • フリー音源サイトの曲

これは現実味を出す意味で準備しました。

曲のイメージをイラストに起すという作業を実際のお仕事でも行うので、

その練習にもなるかと思います。

なぜフリー音源サイトの曲なのかというと、全く知らない曲でもイラストに起せるように練習するためです。

  • お絵かきソフト 

実際にお仕事をする時は、CDジャケットは印刷物なので、CYMKの提出が多いと思います。Photoshopやillustratorなどがあると便利でスムーズです。

私の場合はメディバンペイントを使用してイラストを描いた後、PSD形式で保存して、その後PCに送り、PhotoshopでCYMKに変換しています。

 

 

実際に描いてみる

 

f:id:motimoti444:20191127222232p:plain

お借りしたフリー音源サイトの音楽のイメージに沿うようにイラストを作成しました。

今回は私がよく使っている三角の構図を使ってイラストを描きました。

始めにメインの少女を大きな三角の中に収めて描いて、

f:id:motimoti444:20191127222616p:plain

その後に小物を描く用の三角をいくつか描いて、小物を描いていきました。

それから少し物足りないと感じたところにも部屋にありそうな小物を散りばめました。

 

完成したイラスト

f:id:motimoti444:20191127175505p:plain

今回のイラストはぬいぐるみとセーラー服少女がメインのイラストにしました。

「ゆめかわいい」「暗い」雰囲気のBGMを聞きながら描くとこんな雰囲気のイラストが出来上がりました。

このイラストはオーバーレイでピンクと薄い紫をかぶせたもので、かぶせてないのイラストはこんな感じでした↓

f:id:motimoti444:20191127175519p:plain

今回は小物が多いので、レイヤーが大量になるのを考慮して少し離れた場所の色塗りを同じレイヤーにしました。

同じ灰色に見える部分が同じレイヤーに描かれています。

 

 

文字を入れてみる

タイトルのフォントは「美咲ゴシック」を使用しました。CDジャケットイラストの依頼では、企業さんが相手だとデザイナーさんがいらっしゃって、文字を入れてくれます。

今回は相手側のデザイナーさんの気持ちを理解するためにも練習の内容に加えています。

 

複数の案を出してみる

一発でOKがもらえるときとそうでない時があるので、どちらの方が依頼してくれている方の想像に沿うかパターンを複数作ってみるといいと思います。

ジャケット案①

f:id:motimoti444:20191127175530p:plain

ふわふわしたゆめかわいい雰囲気にしてみたかったので、

雲や綿菓子のようなふわふわを文字の下に入れてみました。

 

あまりフォントの数を持っていないのでフォントは美咲ゴシックにしようとすぐに決まったのですが、フォントの色やレイヤー効果などをどうするかすごく迷いました。

デザイナーさんって本当にすごいです。

 

ジャケット案②

f:id:motimoti444:20191127175541p:plain
こちらは黒い枠を入れてみました。

案①の方は文字がまっすぐだったので、こちらは斜めにして、クリア付箋を貼ったようなデザインにしてみました。

ちょっと暗い雰囲気が出ていると思います。

 

 

帯を描いてみる

f:id:motimoti444:20191127175553p:plain

完成に近づけるということで帯も作成してみました。

なんだか帯を作ると本当にそれっぽく見えて楽しかったです。今回は2パターンの帯を作成してみました。

 

f:id:motimoti444:20191127175625p:plain

こちらは帯の文字の色を文字の色をパステルカラーにしてみました。

 

 

 

完成

f:id:motimoti444:20191127175644p:plain

少し微調整して完成です。

 

 

 

特典っぽくグッズも作ってみる

f:id:motimoti444:20191206001708j:plain

CDの初回限定盤などには缶バッチなどの特典につくことが多いので、缶バッチをsuzuriで実際に作成してみました。

こういう風にプレビューが生成できて、実際に作ったらこんな感じかとわかりやすいのでおすすめです。

 

 

イラストを投稿する

完成したイラストはSNSに載せてみましょう。

最近のイラストのお仕事のほとんどがSNSからの依頼で始まるといわれています。

特にTwitterでイラストレーターを探している方が多いです。

私も実際にお仕事をいただいたのがTwitterなので、投稿するならTwitterがおすすめです。

 

 

まとめ

今回はCDジャケットイラストのお仕事に繋げるためのイラストの練習などについて書きました。

  • 架空のCDジャケットを作成する
  • サイズは120mm×120mm
  • 実際にフリー音源を聞いて描く
  • 文字入れや帯、グッズも作ってみる
  • 完成したイラストをTwitterに投稿する

文字入れや帯は企業さんが相手の場合、デザイナーさんがすることが多いのですが、

この練習でやっておくことによって、デザイナーさんが

  • 文字を配置しにくいんじゃないか?
  • 帯を入れるのは左側だから左にあまり大きなものを入れない方がいいんじゃないか?

などの考えも持てると思います。

自分の絵柄や世界観も大切ですが、相手の要望にこたえなければお仕事は成立しないので、「向こう側の視点でどういう風にしてくれたらうれしいか」を考えるようにしたらいいと思います。

少しでも参考になるとうれしいです。

ここまで読んでくださってありがとうございました。